人材確保の現状と採用管理のメリット

長期間続いた不況により、多くの企業がリストラや新規採用枠の縮小などを余儀なくされた結果、景気が回復しつつある現在でも、中堅社員の不足や新規採用の雇用困難など、大きな課題を抱えています。企業の採用担当はあらゆる対策を講じているものの、効果が実感できる対策が見つけ出せていないのが現状です。
こういった現状を打破するために、社内の採用担当だけでなく、部外に採用管理を委託して、その手法を取り入れたり、事務の効率化を図る企業が増えています。企業としては、専門的な知識や経験に基づく新しい手法を取り入れることで、より確実に会社に利益をもたらす人材を確保することができます。また、採用事務を効率化することで、新たな手法が正しいのか振り返り、必要に応じて見直すことも可能となるのです。

中途採用を雇用する上での課題とは

新大卒や新高卒を対象とした、新規採用については、年々、求人数は増えているものの、求職者数は減少しているのが実態です。企業によっては、採用基準を下げてまで新規採用を実施していますが、結局、早期退職となってしまうなど、会社にとって悪影響を及ぼす状況に陥っています。
そこで、採用基準を維持しつつ、中途採用枠を拡大する企業が増えているのですが、中途採用な1年中、選考、採用事務を繰り返さなければならないことから、非常に事務煩瑣になる上、選考基準を明確に策定しなければ、現場が本当に欲しい即戦力となる人材が確保できません。
採用管理では、こういった課題を克服するため、まず、これまでの実績や経験値を基に、職種や仕事内容、必要なスキルや経験などを加味した選考基準を策定することから始めていくのです。

採用事務をシステム化することのメリット

中途採用にかかる選考基準を明確にした策定したら、実際に採用事務を行なっていきますが、採用管理ではこのプロセスをシステム化することで事務の効率化を図っていきます。
具体的には社内LANなどを利用し、求人広告に応募してきた求職者をデータ化し、選考試験の実施状況や結果、内定通知の発出状況などを一括管理するのです。システム化することで、各工程の進捗状況が明確になりますから、複雑な採用事務を効率的に管理できるようになるのです。
さらに、入社後の訓練状況や実績をデータに加えることで、選考基準が適切なのか検証し、見直すことも簡単になりますから、よりその精度を上げていくことが可能なのです。
つまり、選考基準を明確にするとともに、採用事務をシステム化し、採用後の実績を加えることで、的確なPDCAサイクルを回すことができるので、確実に会社に有益な人材確保が可能となるのです。

リクオプは、ブランドや店舗のファンが応募する採用サイトと、応募情報、応募者対応の漏れやムダを撲滅し採用率を高める管理機能を併せ持つ、 アルバイト・パート採用向けクラウド型採用管理システムです。応募者増加、歩留まり向上、採用業務効率アップ、採用コストダウンを実現し、あらゆる採用課題を解決へ導きます。    採用管理はリクオプ